不安になるのは「身、口、意」がそろってないから

僕はよく不安になっていました。


漠然とした不安です。


言葉にならない不安がいつもつきまとって
やる気が出ないし、行動が起こせないのです。


その一方で、


全く不安を感じない、前向きな心の状態の時もありました。


何をやっても大丈夫!


そう思えてパワフルに物事に打ち込めるのです。


そんな状態の時は、誰かに批判されるようなことがあっても
それほどたいしたダメージではありません。



ではこの2つの状態の時、僕は何が違っていたのか。


振り返ってみてわかることがあります。



それは




『身、口、意』


がそろっているか??!



の違いです。


では「身、口、意」の意味とはなんのことでしょう。

「身」は行動のこと、「口」は話す言葉のこと、そして「意」とは心のことです。「身業」、「口業」、「意業」の「三業」と呼ぶこともあります。

https://spiritual-media.pink/shinkui/

すなわち

身—-行動
口—-言葉
意—-意思


ということです。


漠然とした不安におちいっているとき、
この3つがそろっているでしょうか?


そろっていなければ「身口意の法則」から外れています。

身口意の法則とは?

身口意の法則はとてもシンプルです。

身口意、すなわち行動、言葉、意識が一致していれば
願いは叶う。


という法則です。

すごくシンプルですよね、
でも実践し続けるのはすごくむずかしい。

僕はルフィを思い出しました。

「海賊王に俺はなる!!」

そのために仲間を集め、海に出て敵を倒し常に行動しています。

ルフィは「身口意」が最初からずっと一致しています。
彼は海賊王になるでしょう。笑

身口意がそろっていないと・・・


僕、気づいたんですけど
漠然とした不安におちいり、元気が出ないときって
必ずこの3つがバラバラなんです。



将来のことを聞かれ、夢を語りながらも
実際にそのための行動がともなっていないとき、

心がざわつき、疲弊します。


僕が不安になる原因は、意識していることを言葉にしても
行動がともなってなかったんです。

身口意がそろったとき

逆に、僕がパワフルに生きているとき、身口意が一致してるんです。


「お金を稼ぐ」

言葉に出します。


朝起きてビジネスを勉強し、副業に時間を使う。

行動します。



お金を稼ぐ理由、たくさんお金を持っている自分をイメージ

意識する。



この3つができているとめちゃくちゃ気分がいいんです。

自分の夢のための努力もそうです。

頭の中にはなりたい自分がいます(意識)
どうなりたいかを聞かれ将来について答えます(言葉)
毎日の習慣に、なりたい自分になるためのトレーニングが
組み込まれています(行動)


自己肯定感が上がります。
自分が思っていることを言葉にし行動しているとき、
そんな自分に正直に生きている自分がうれしくなるのです。

身口意を練習する


身口意はまずは簡単なことから始めるといいでしょう!
些細なことから始めるだけでめちゃくちゃ効果があります。

例えば


マンガを読みたい(意識)
  ↓
「マンガを読みます!」(言葉)
  ↓
マンガを読む(行動)



こんな簡単なことでOKです。
これを続けていくと自然と自分の潜在意識の中に

「おれは自分の願ったこと、言葉に出したことを実現できる!」

という回路が形成されます。


その結果、自己肯定感はバンバン上がり、
願ったことはどんどん実現されていきます。


本当に効果がすごいです。
皆さんもやってみてください!

以上です!